TELPhone.png

HOME > 写真撮影で緊張しない方法

写真撮影で緊張しない方法

写真撮影で緊張しない方法

写真は第一印象を左右する大きな要素となります。中には、写真撮影が緊張していつものように笑うことができないという方もいらっしゃいます。
そこでこちらでは、写真撮影で緊張しない方法についていくつかご紹介しますので、ぜひ実践していただければと思います。

○深呼吸をする

心臓がバクバクして緊張しているときは、呼吸が浅くなりがちです。すると酸素が脳まで届きづらくなって頭がボーッとしやすく、頭の回転も悪くなってしまいます。こんな状態を克服するために、深呼吸は効果的です。やり方としては、まず鼻で思いっきり空気を吸い込みます。肺いっぱいに空気がたまったら、口からゆっくりたまった空気を吐き出します。すべて吐き出すイメージで行うのがコツです。これを数回繰り返すと、後に心臓の鼓動はゆっくりになって緊張もほぐれてくるでしょう。

○口や喉を潤す

緊張しているときというのは、ひどく口の中が乾燥して喉もカラカラに渇いてしまいます。こうした乾燥や渇きを感じることで余計に緊張を招いてしまいかねません。撮影をする前に水を飲んで乾燥や渇きを潤しておきましょう。水で潤すのも良いですが、ガムや梅干しを食べるという方法もあります。
ガムは風船ガムができそうなくらい柔らかくてボリュームのあるものを選ぶと、少しでも多く潤すことができます。
梅干しは、持ち運びに便利な乾燥梅干しがおすすめです。

○カミングアウトする

「緊張しているのをバレるのが恥ずかしい」と思っていませんか。こうして隠そうとすればするほど、余計に緊張してしまいます。
緊張しているなら、いっそカミングアウトしてしまいましょう。緊張するのは恥ずかしいことではありません。慣れていない人にとっては当たり前のことです。
カミングアウトしてしまうと随分と気持ちが楽になり、緊張が和らぐのを感じるはずです。弊社ではリラックスして撮影に臨んでいただけるよう全面的にサポートいたします。

モデルやタレントさんで、宣材写真を撮影してもらおうとスタジオをお探しではないですか。それなら弊社をご利用ください。あなたの魅力を最大限に引き出し、人目を惹く写真を撮影いたします。また、こんな感じで撮って欲しいなどの要望があれば、遠慮なくお伝えください。