TELPhone.png

HOME > 広告を作成するときのコツ

広告を作成するときのコツ

広告を作成するときのコツ

広告を作成したいが、なかなか思うようにいかずお困りではないですか。

こちらでは、広告を作成するときのコツについていくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

○ターゲットを設定しよう

まず広告を作成する前にやるべきことがあります。それは誰に向けて作成するのか、ターゲットを明確にすることです。ターゲットの切り口がずれてしまうと、どんな広告も反応を得ることはできません。ターゲットを設定してはじめて、「どんな内容を掲載すれば興味を引くことができるのか、喜んでもらえるのか」というアイディアが生まれてきます。

○メリハリをしっかりつけよう

最も強調したいところは、他のトピックと差をつけるために「コントラスト」を強めて目立たせましょう。つまり、メリハリをしっかりつけるわけです。
ここで重要となってくるのが、臆せず思いきりやることです。自分では思いきったはずが、第三者目線で見るとさほど目立っていないということもあります。
一通り作成したらネットの公開やチラシやパンフレットで印刷する前に、誰かにチェックしてもらうことをおすすめします。

○余白を恐れず使おう

多くの方が陥ってしまいやすい失敗の一つに、「余白をできる限りなくそうと、多くの要素を詰め込み過ぎてしまう」ことがあります。
こうして余白を無理やり埋めようとすると、余計にごちゃごちゃして見栄えが悪くなってしまいますので注意しましょう。
余白を多くとることで、その周辺の文章や画像、写真をさらに引き立たせることができます。先ほど紹介したメリハリをつけるテクニックの一つともいえます。

○広告で使う写真にもこだわろう

文章ばかりの広告になってしまっていませんか。魅力を十分に伝えたい気持ちは分かりますが、だからといって掲載されている写真が小さかったりピンボケしていたりして見づらいのはいかがなものでしょうか。写真は読者にとって大切なイメージ情報の一つです。文章で伝わらないことも、見やすい写真をつけ加えることで理解してもらえることもあります。視覚の情報としてダイレクトに訴えかけることができるわけです。だからといって写真ばかりの広告が良いというわけではありません。しっかりした文章と見やすい写真の適度なバランスが、広告の効果を高めます。

広告写真撮影の代行を依頼したいとスタジオをお探しではないですか?それなら弊社をご利用ください。
多くの人が見てもらえるような魅力的な広告写真を撮影いたします。広告写真撮影以外にも、ペットやモデル撮影、料理撮影などの代行も承っております。