TELPhone.png

HOME > ネットショップの料理写真はシズル感が大切

ネットショップの料理写真はシズル感が大切

ネットショップの料理写真はシズル感が大切

まだ味わったことのない料理に、人はどのようにして興味を持つのでしょうか。それは、ネットショップに掲載されている料理写真がおいしそうに見えるかどうかで決まります。思わず食べたくなる「シズル感」たっぷりの商品画像を掲載することは、今や食品系ネットショップにとって不可欠な集客術です。

○シズル感で購買意欲を刺激する

お肉の脂や色鮮やかな赤身、食材のみずみずしさなど「おいしそう」と思わせる質感や雰囲気のことを、シズル感と呼びます。
焼き上がったステーキの肉汁がしたたり落ちる様子は、見た瞬間にグッと食欲をそそられます。鉄板の上でお肉がジュージューと焼けている写真、鍋から湯気が立ち上る写真は、見る人に料理の味や香りをイメージさせ、購買意欲を刺激するのです。商品撮影に限らず、写真撮影では「質感をとらえる」ときにシズル感を演出することがあります。どんなに綺麗な写真でも、シズル感があるのとないのとでは、印象がかなり違うものです。

○シズル感を出す2つのポイント

料理写真でシズル感を出すポイントは、料理の温度を伝えることです。写真だけで温度を伝えることは難しいため、温かい料理なら湯気を出す、冷たい料理なら水滴で清涼感を演出するなど、様々な工夫を凝らしましょう。また、料理の表面にできる光の反射を活かすこともポイントになります。
反射がないとベッタリとした印象を受けますが、キラリと光る部分があるだけで、おいしさが何倍にもなってユーザーに伝わります。
商品撮影では、どの位置から撮影すれば反射が得られるのか、光がどこから入るのかを見極めることが重要です。

ネットショップの料理写真を撮影するなら、弊社にお任せください。プロによるネットショップの商品撮影代行を承っております。
商品の価値を上げる物撮り・モデル撮影はもちろん、動画撮影にも力を入れています。短納期での撮影代行を希望される場合も、ぜひ一度お問い合わせください。